にゃんこ情報局

にゃんこの情報を詳しくまとめています。

*

猫の鳴き方色々 サイレントニャーの秘密

   


野生の猫はニャーと鳴かない?

ネコミュニケーションにとって一番意外な事実。
それは、猫は他の猫とコミュニケーションする時に、本当はニャーと鳴かないということです。

ニャーという鳴き声は世界共通の猫の鳴き声ではありますが、本当は猫が人と交流する方法として身に付けたものなのですね。

ニャーの本当の意味は?

「ニャーは移り気な経験による、注意を求める音である」とブラッドショウ教授は書いています。

簡単に言うと「ねぇねぇ」とか、「あのさー」のような意味でしょうか。しかし、その本当の意味は、猫と飼い主だけが知るということですね。

猫が「ニャー」と鳴くあの声は本来、子猫が母親に対して出す声なんです。それを人間に対して使うということは、猫は人間を養育者として見ているのではないかと考えられます。

人間からご飯をもらえる、世話をしてもらえることを、ちゃんと認識しているのでしょう。

猫は2~3歳児の知能を持った賢い動物で、特に自分に都合のよいことに関しての学習能力は高く、反対に都合の悪いことを忘れる(忘れたふりができる)能力も持ち合わせています。

例えば、鳴けばご飯をもらえた、自分に注意を向けることができた、遊んでもらえた、構ってもらえた、甘えられたなどだけでなく、窮地に陥ったとき、挟まれて出られなくなったり、何かのアクシデントに巻き込まれたときに助けてもらえた経験などで、鳴けば何とかなると学びます。

鳴かない猫。

生まれつき非常によく鳴く子とそうでない子がいます。
ほとんど鳴かない猫、すなわち声を出すのが下手な猫ちゃんですね。
自分の意志で鳴かない猫もいれば、鳴き方がわからない、かすれ声しか出せない、ちゃんと声が出ない猫もいます。

身体的に何か問題がある猫もいますが、性格的に誰かに依存することが苦手な猫は、鳴かない傾向が高いようです。

しかし、鳴かない(鳴けない)猫もなにかやってもらいたいことや要求はあると思います。
よく表情を読み取って接してあげましょう。

鳴かない猫にも個体差がある。

猫の性格は個体によって本当にバラバラ。同じ種類の猫でも元気いっぱいの子もいれば、大人しい子もいます。
ですので、あまり鳴かない猫種と言われていても普通に「にゃー!」と鳴く子もいれば、鳴き声を聞いたことがない!という子もいるでしょう。

実際に知り合いが”ボイスレスキャット”の異名を持つロシアンブルーを飼っていますが、その子は「本当にロシアンブルーなの?」って思うほどにゃーにゃー鳴きます(笑)声の大きさはそんなにうるさくないですけどね。

なので、鳴かないと言われている猫種ではありますが、そこには個体差があることを認識してあげてくださいね!
鳴かないっていうよりは鳴き声が小さいくらいに考えた方が良いかもしれませんね。

鳴き声が気にならない猫。

ペルシャ
アビシニアン
バーミーズ
ロシアンブルー
シンガプーラ
エキゾチックショートヘア
シャルトリュー
ヒマラヤン

集合住宅に向かない猫の種類。

シャム
ベンガル
バリニーズ

出典鳴かない猫のおすすめ7種類!マンション暮らしの方は必見!

ムダ鳴きの原因と注意すべきポイント。

1.ストレス。

猫がむやみやたらに鳴くようになる原因で、もっとも多いのがストレスです。
ストレスを取り除けばムダ鳴きも収まるので

猫が何をストレスに感じているか、よく観察してみるようにしてください。
それでも原因が分からない場合には、病院で相談してみるのも一つの手です。

2.発情。

繁殖する準備の整った猫は、必死に鳴いて異性にアピールします。
この時の鳴き方は、特徴的なのですぐ分かりますが「あおーーーん」と、尾をひくようなまったりとした鳴き方をします。
避妊・去勢手術をした猫は、一年中発情期とは無縁の穏やかな生活を送ることになり、この鳴き声は出すことはありません。

しかし、野良猫や、繁殖を希望している飼い猫などは発情シーズンになるたびに、この切ない鳴き方をします。
しかも夜な夜なみんなが寝静まった頃に…。
しんどいですが、シーズンが終わるのをひたすら待つしかありません。
恋の季節が終わるとともにおさまります。

3.老齢性認知症。

7歳を過ぎた猫のムダ鳴きは、認知症が原因の場合があります。
シニア猫が急によく鳴くようになったと感じたら、
すぐに病院で診てもらいましょう。

4.病気の可能性。

痴呆や脳の病気などがあり、甲状腺機能亢進症にかかると甲状腺ホルモンが異常に高まり、精神的に興奮状態になり、うるさくなるということがあります。

普通の血液検査などでも気づきにくい病気で、獣医師さんでもベテランでしっかりと検査してくれる病院でないと発見することが難しいです。

あまりに鳴き声が酷い、定期的に起こる、他の理由が思い当たらない場合は、動物病院へ連れて行きましょう。

5.予想外の原因。

 - Uncategorized

×